3.11を追って

命の水 その2

以前に命の水などで記事にしましたが、ここのところは特定のニュースばかりが報道されていますが水道民営化のニュースも忘れるべきではないというかむしろこちらの方が急務であると思います。

橋本淳司×安田菜津紀「水道事業の民営化につながると言われている水道法改正案について」2017.03.15


【2017.3.15 参議院】山本太郎議員が水道民営化に抗議「今のままでいいじゃないですか!水道は国民の命の源」


ここ日本では当たり前のように水が手に入りますが、この当たり前が通用する国は世界にはあまりないというのが現状です。土地の売買のニュースが騒がれているようですが、土地の売買は今に始まったことではないのです。外資による土地の売買の方がスケールがはるかに大きな問題であるはずのですが、どうも最近報道されている国有地売買の話にが大事なニュースであるかのように錯覚している日本人が多い事と思います。

土地の売買が問題であると感じるのであればこの水道の民営化について多くの日本人の方に注目していただきたいものです。水を売って儲けようとするならば沢山売るためには民間企業は何をしようとするでしょうか?

ヒントはグローバル化と水メジャーというキーワードが重要です。


  1. 2017/03/16(木) 22:42:07|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兵器としての作物


遺伝子組み換え作物などを解説している動画です。

遺伝子組換え食品講習会① 印鑰智哉氏 TPPとグローバリムを考える市民の会


遺伝子組換え食品講演会② 印鑰智哉氏 TPPとグローバリムを考える市民の会


遺伝子組換え食品講演会③ 印鑰智哉氏 TPPとグローバリムを考える市民の会、


遺伝子組換え食品講演会④ 印鑰智哉氏 TPPとグローバリムを考える市民の会


遺伝子組換え食品講習会⑤ 印鑰智哉氏 TPPとグローバリムを考える市民の会


遺伝子組換え食品講演会⑥ 印鑰智哉氏 TPPとグローバリムを考える市民の会


この動画の中で献立を決めるのは我々一般人と解説されているように食というのは無関係な人間はいないに等しいでしょう。つまり一般人ほぼすべてが意思表示をすれば計り知れない力になるという事です。一般人というのは数の上では圧倒的に多いのです。支配する側からすれば我々一般人達が団結し行動を起こすという事を最も恐れているのは言うまでもありません。
なぜなら、一般大衆を管理しようという事の裏を返せば管理できない事を最も恐れているという事だからです。

不買運動は勿論ですが、このような貴重な情報を広めるために心ある方はこの記事ではなくこの動画を拡散していただければ幸いです。

  1. 2017/03/13(月) 22:59:06|
  2. 食品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一億総容疑者社会

共謀罪からテロ等準備罪へと衣替えした法案があるようですが、毎度のようにまた一つ碌でもない法案を作りたくて仕方がない方たちがいらっしゃるようです。

共謀罪ヤバい〜盗聴法拡大・匿名証人・秘密保護法で誰もが犯人に〜寺澤さ有・天野統康・増山れな


この法案が事件の捏造をもって悪用されるであろう様子が目に浮かびます。

  1. 2017/03/05(日) 22:47:26|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TPPは姿を変えて

TPPは締結されない流れのようであると思っている方もいると思いますが、TPPをやりたがっている者たちはまだあきらめていないようです。やはりといいますか形を変えて押し通す狙いがある事がひしひしと伝わってきます。

共済の今日と未来を考える兵庫懇話会第10回総会記念講演内田聖子氏


早い話がTPPの続きから話が進められるという事です。TPPが本命ではなくプランAからプランBに変更されたもしくはこちらが本当の狙いであったという事かもしれません。
  1. 2017/02/18(土) 21:51:21|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベーシックインカム実現への道

主にベーシックインカムと通貨発行権についての動画です。

民主主義緊急事態宣言●スイスの直接民主制と信用創造特権剥奪・ベーシックインカム


ベーシックインカムについてはここ日本より海外の方が圧倒的に動きが早いのは間違いないでしょう。動画で解説されているようにベーシックインカムを実現するには通貨発行権の問題を避けては通れないという事です。
通貨発行権を取り戻すという事はベーシックインカムを実現するために必要な事です。逆に言えばベーシックインカムを実現するという事は通貨発行権を取り戻す事に等しいという事です。
通貨発行権を取り戻すという事は良い事であるのは間違いないのですが、例えば現在の政府が通貨発行権を手にしたらどうなるのか?という事を考えると良い方向に向かうとは必ずしも言えません。むしろ悪い方向に向かう予感の方が大きいです。
そうなれば政治も変えなければならないという事になります。

つまり、一言でいえば革命が行われることが必要不可欠であるという事です。

それは不可能なことであると感じる方が多いことと思われますが、革命は起きるものではなく起こすものであるという事です。


  1. 2017/02/07(火) 20:37:54|
  2. 世界の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ