3.11を追って

TPPの亡霊

ここ数ヵ月TPPが一旦消滅したかのような雰囲気があったかのように思っている方も多いでしょうが、なぜかTPPと同じことが進んでいるという事が起きています。
そして、市場の開放という名目で国内の種子が外資によって管理される危険性が高まっています。

20170410 UPLAN 「主要農作物種子法」廃止法案参議院会館前アクション!


20170410 UPLAN【院内集会】日本の種子(たね)を守る会「主要農作物種子法」廃止法案


20170410 UPLAN【政府交渉】日本の種子(たね)を守る会「主要農作物種子法」廃止法案


種を支配するという事はほぼ全ての人々が兵糧攻めにあう事を意味します。つまり、種を売る側の都合で生かすも殺すも自由自在になってしまうという事です。

水道民営化とセットで現在このような法案が出てくるというのはついに畳みかけてきたようです。この危機を知っている日本人が少なすぎるというのは非常に不味いです。
スポンサーサイト
  1. 2017/04/14(金) 22:34:27|
  2. 食品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ベーシックインカム実現への道 その2 | ホーム | 命の水 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haarp166.blog.fc2.com/tb.php/554-674d0ef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)