3.11を追って

憲法と通貨発行権

通貨発行権と憲法の関係についての講演と質疑応答の動画です。このような試みは貴重ですので是非ご覧ください。

倉持麟太郎弁護士 日本国憲法と通貨発行権 |ARTV LECTURE


倉持麟太郎弁護士 日本国憲法と通貨発行権〜質疑応答〜 |ARTV LECTURE


通貨を発行する権利はどこにあるのかという事は私たちの日常の盲点になっていると言えます。お金に価値があるという前提はなぜ正しいのかなのかという問いに答えるには難しいです。なぜならそもそもお金には価値がほぼないからです。その価値のないものに一定の価値があると保証する権利とはどれほど大きな権力なのでしょうか。
そして、その権力の所在はいったいどこにあるのか?この問題を有耶無耶にしたままでは私たちは搾取される一方でしょう。

スポンサーサイト
  1. 2015/08/31(月) 22:59:33|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<石油の歴史 その1 | ホーム | 格差社会の実態>>

コメント

公共貨幣 | 東洋経済
http://store.toyokeizai.net/books/9784492654743/
  1. 2015/09/15(火) 07:48:54 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haarp166.blog.fc2.com/tb.php/520-c628ae1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)