3.11を追って

冨田貴史氏インタビュー その4

冨田貴史氏インタビュー その3の続きです。

冨田貴史の生き方 ◎ いかにタフに生きていくか ◎ つながろう ◎ これからのプロジェクト ◎」冨田貴史 #1_4


一般庶民には自分の身まわりのみに気をとられて視野が狭くなっていると思います。そのため真実とは程遠い認識をしてしまい危機感以前に気づきもしないというのが現状です。一方で真実に気づき始めている人々はこのような状況みて危機感ばかりが増していくが実際には現状を打破する成果がなかなか上がらないといった現状認識の上での二極化が進んでいるという見かたもできます。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/29(木) 22:44:23|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通貨発行権デモへむけて

通貨発行権デモで報告しましたように3月に通貨発行権デモが行われます。通貨発行権についての重要性が良く理解できていない方も今からでも遅くありませんので通貨発行権について勉強していただき、一人でも多くの方が参加してくだされば良いと思います。

通貨発行権については直接説明してはいませんが、経済の仕組みをわかりやすく説明している動画がありますので参考までに載せておきます。

30分で判る 経済の仕組み Ray Dalio


サヨナラ! 操作された「お金と民主主義」 なるほど! 「マネーの構造」がよーく分かったサヨナラ! 操作された「お金と民主主義」 なるほど! 「マネーの構造」がよーく分かった
(2012/11/13)
天野 統康

商品詳細を見る
  1. 2015/01/27(火) 22:59:10|
  2. 世界の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冨田貴史氏インタビュー その3

冨田貴史氏インタビュー その2の続きです。

「アクティビストとしての私たちの見直し~ダブルピラミッド・トリニティ・土地・五感・肉体~」冨田貴史#1_3


  1. 2015/01/22(木) 22:59:53|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冨田貴史氏インタビュー その2

冨田貴史氏インタビューの続きです。

「通貨発行権/通貨発行権デモ」冨田貴史# 1_2


通貨発行権デモについての情報は少しずつ拡散されているようです。デモの当日までにさらに多くの方に拡散し、より多くの方がデモに参加されることを願っています。
  1. 2015/01/18(日) 00:32:56|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冨田貴史氏インタビュー

ARTVの動画です。

「陰謀論~隠謀の4段階・銀河的長期バットトリップ~」冨田貴史# 1_1


人類が過去築き上げてきた歴史に注目すると支配するかされるかということを度々繰り返してきた事がわかります。そして現在の世の中でも支配構造というものは存在しております。
この支配構造ですが、過去の人類の歴史を見てもわかるように支配体制は永遠には続いてはいないです。しかし、支配体制がいずれ終わるのであれば心配はいらないと楽観するのは危険です。支配される側が支配から抜け出せた場合はさておき、奴隷にされてしまった者や滅ぼされてしまった民族の例などを挙げればキリがないでしょう。我々人類はある意味で人間として生き残れるかどうかの瀬戸際の最中に置かれているという認識が現実に近い認識ではないのでしょうか?

GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
(2014/07/18)
山村 明義

商品詳細を見る
  1. 2015/01/10(土) 22:39:34|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フランスでまた自作自演

フランスでこのようなテロがあったとのニュースが報道されています。

パリの新聞社で銃撃戦に これまでに12人死亡

1月8日 3時14分

フランスのパリの新聞社の本社に武装した男らが押し入って銃を乱射し、これまでに記者や警察官など12人が死亡しました。
男らが現場からの逃走に使ったとみられる車が見つかり、警察は男らが車を乗り捨てて逃走を続けているとみて行方を追っています。

日本時間の7日午後7時半ごろ、フランス・パリにある新聞社「シャルリ・エブド」の本社に武装した男らが押し入って銃を乱射し、警察官と銃撃戦になりました。
フランスの警察によりますと、これまでに新聞社の記者や従業員など10人と警察官2人の合わせて12人が死亡し、けが人については当初発表していた人数を修正し、8人だとしています。
現地メディアによりますと、新聞社の近くにいた男性は「2人の黒いフードをかぶった男たちが自動小銃を持って新聞社のビルに入った。そして数分後に激しい銃声が聞こえた」と話しているということです。
またAFP通信が警察の話として伝えたところによりますと、襲撃した男たちは「預言者の敵討ちだ」と叫んでいたということです。
男らが現場から車に乗って逃走し、警察によりますと、新聞社から北東におよそ5キロ離れた場所で男らが逃走に使ったとみられる車が見つかりました。
フランスのカズヌーブ内相は会見で、事件には3人の男が関わっていて行方を捜していることを明らかにしました。
現地入りしたオランド大統領は「これはテロ行為だ」と述べ、犠牲者に哀悼の意を示しました。
そして、「自由を尊ぶフランスでは断じて受け入れられない行為だ」と述べて、捜査に全力を挙げるよう指示しました。
また、事件を受けてフランス政府はパリと周辺地域のテロ警戒レベルを最も高いレベルまで引き上げました。
シャルリ・エブドは、毎週水曜日に週1回発行される新聞で、時事問題を風刺をきかせた漫画や記事で伝えることで知られています。
7日に発売された最新号では「若者はジハードを好む」と題してイスラム教の聖戦を風刺する漫画が掲載されていました。
.

現場となった新聞社とは

乱射事件のあった新聞社「シャルリ・エブド」はパリの中心部にあります。
周辺には18世紀の建物が並び、美術館や博物館が多く、観光客が訪れる地区もあります。
時事問題を風刺をきかせた記事で伝えることで知られ、2006年2月、イスラム教の預言者ムハンマドを風刺する漫画を特集した際、イスラムの団体から「イスラム教への偏見を助長する動きだ」として非難を受けました。
また2011年11月には、中東の民主化運動「アラブの春」の特集を組み、イスラム教の預言者ムハンマドを紹介したうえで、「これで笑わなければ、むち打ちの刑だ」というせりふとともに風刺画を掲載しました。
週刊誌の発売直前にこの風刺画がホームページで紹介されると、新聞社には「イスラム教を侮辱する行為だ」として、さまざまな抗議や脅迫があり、火炎瓶が投げ込まれ建物の内部がほぼ全焼する事件もありました。
さらに2012年9月にもムハンマドの風刺画を掲載し、預言者の裸の姿のほか、「笑い飛ばそう」という見出しをつけ、週刊誌の責任者は笑うことの自由は法律で認められ、暴力によって止められないというメッセージを寄せました。
これに対しイスラムの団体から「イスラム教徒の感情を故意に害している」として強い非難を受けていました。


仏の最近のテロ事件

ヨーロッパでは、イスラム教の過激な思想に染まった人物が関与したとみられるテロ事件が起きています。
去年5月、フランス出身の男がベルギーのブリュッセルにある「ユダヤ博物館」で銃を発砲し、4人が死亡しました。
この男は、フランス南部のマルセイユで逮捕され、シリアで「イスラム国」の活動に参加していたことが分かっています。
また、おととし3月には、国際テロ組織アルカイダのメンバーを名乗る男がフランス南部のトゥールーズやその近郊でユダヤ系の子どもや兵士ら合わせて7人に対して発砲して殺害する事件が起きています。


各国首脳が事件を非難

今回の銃撃事件について、イギリスのキャメロン首相は7日、議会の党首討論の中で、「残忍な攻撃だ」と強く非難したうえで、「われわれはフランスの人々とともにあらゆるテロ行為に立ち向かうとともに、報道の自由と民主主義を守るため堂々と戦う。テロリストたちは、これらの価値を決してわれわれから奪い取ることはできない」と述べました。
またドイツのメルケル首相は声明を発表し、「今回の事件はフランスの市民の生命と安全に対する攻撃であるだけでなく、民主主義の根幹である報道と言論の自由への挑戦だ。この行為を断じて正当化することはできない」と述べました。
ロシア大統領府によりますと、プーチン大統領はフランス・パリの新聞社で起きた銃撃事件を受けてオランド大統領に電報を送り、犠牲者の家族に対し深い哀悼の意を示しました。
そして、プーチン大統領は今回の事件を厳しく非難したうえで、テロの脅威に対して協力して立ち向かう用意があることを表明しました。


日本大使館が注意呼びかけへ

パリにある日本大使館によりますと、新聞社に対する銃撃事件の被害者の中に日本人が含まれているという情報は今のところありませんが、引き続き確認を続けているということです。
また犯人が現在も逃走中で、フランス政府がパリと周辺地域のテロ警戒レベルを最高レベルに引き上げたことなどから、フランスにいる日本人に向けて緊急のメールやホームページで事件についての情報を提供し、注意を呼びかけることにしています。


このテロのニュースについてですが、今回も自作自演の疑いが強いです。

フランス・パリ新聞社襲撃テロ 銃で撃たれても血が出ない警察官


何時ぞやのボストンマラソンの件や首を斬られても出血が見られないというここ最近に起きた過去の事件の内容から察するに今回も疑わしいテロであるようです。
  1. 2015/01/08(木) 22:29:22|
  2. 世界の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通貨発行権デモ

2015年3月21日(土)に東京で通貨発行権のデモが開催されるようです。

詳しい内容はARTEのフェイスブックやブログに書かれていますのでそちらを参照してください。

https://www.facebook.com/arte.geijitsu

http://ameblo.jp/arte-geijitsu/entry-11973202013.html

このデモは通貨発行権を取り戻す動きがついにここ日本でも始まるチャンスです。通貨発行権の重要性を理解している方で心ある方はまずこのデモの存在を多くの方に拡散していただきたいと思います。そして一人でも多くの方が参加してこのデモを成功させたいです。
多くの人間が通貨発行権に注目する流れを作ることに成功すれば明るい未来に一歩近づくことができます。

FRBの株主構成


サヨナラ! 操作された「お金と民主主義」 なるほど! 「マネーの構造」がよーく分かったサヨナラ! 操作された「お金と民主主義」 なるほど! 「マネーの構造」がよーく分かった
(2012/11/13)
天野 統康

商品詳細を見る
  1. 2015/01/06(火) 23:37:35|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本での戦争の企み

日本が戦争に参加するという可能性を危惧されている方は多くいらっしゃるとは思いますが、何も戦争の危険性は今に始まった事ではありません。
以前の安倍政権のときにどのような出来事があったのでしょうか?今振り返ってみればなるほど良くわかるという事もあります。

恐怖の男_中国と日本をどのようにして戦争に持って行くか


地球支配階級が仕掛けた悪魔の世界戦争ビジネス地球支配階級が仕掛けた悪魔の世界戦争ビジネス
(2011/12/13)
鈴木 啓功

商品詳細を見る
  1. 2015/01/06(火) 00:06:26|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通貨発行権の認識 その5

この動画は通貨発行権について明確かつ簡潔に説明しています。非常にわかりやすいので多くの方に見て頂きたいです。

通貨発行権〜お金が生まれる仕組み〜


我々が日々当たり前の様に使用しているお金ですが、このお金をコントロールすることによってほぼ全ての一般人類を見えない鎖で縛り続けている存在があります。
あまりにも長い間この仕組の中で生きてきたためそういうものだと誰も疑問に思わなかったのかもしれません。しかし、あらゆる問題を解決するにあたってこのマネーの呪縛から人類を解放する必要があります。この奴隷システムに従って生きていくという事は人類が永遠に奴隷であり続けるという事を意味します。

国際金融資本がひた隠しに隠すお金の秘密国際金融資本がひた隠しに隠すお金の秘密
(2012/05/22)
安西 正鷹

商品詳細を見る
  1. 2015/01/03(土) 21:40:39|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0