3.11を追って

通貨発行権に挑める議員を生むために

今回の選挙で大西恒樹という方が神奈川8区から立候補されるようです。

フェア党

この方はお金の仕組み、つまり通貨発行権について講演もされている方です。

こどもたちの未来のために大人がすべきこと1/3


こどもたちの未来のために大人がすべきこと2/3


こどもたちの未来のために大人がすべきこと3/3


政治のタブーの一つである通貨発行権について触れている議員の方はぼぼいません。そんな中、今回神奈川8区から立候補されるというのでぜひ当選していただきたいです。

スポンサーサイト
  1. 2017/10/20(金) 23:50:56|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍び寄る経済崩壊

現在生きている人々のうち一部の例外を除いて生まれてから死ぬまで一生付きまとうお金という問題があります。

お金を稼ぎそれを使うという当然であると思っている常識ですが、それは果たして永遠に続くものなのでしょうか?

※生放送 ※新番組 【Pirate TV】日本経済再興のための作戦会議 第1回「日本の財政金融の本質を理解する」講師:大西恒樹 2017年08月19日放送


お金を使用して今の経済活動を続けるというのは刻一刻と困難になりつつある今日この頃ですが、我々の未来に向けての行動次第で結果は変わってきます。
今の経済活動が続いていくと思っていると皆が痛い目にあうと感じるのは私だけではないはずなのですが、お金の呪縛から抜け出せる人間がなかなか出てこないのはお金に魔力が宿っているかのようです。


  1. 2017/08/20(日) 22:53:34|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

命の水 その2

以前に命の水などで記事にしましたが、ここのところは特定のニュースばかりが報道されていますが水道民営化のニュースも忘れるべきではないというかむしろこちらの方が急務であると思います。

橋本淳司×安田菜津紀「水道事業の民営化につながると言われている水道法改正案について」2017.03.15


【2017.3.15 参議院】山本太郎議員が水道民営化に抗議「今のままでいいじゃないですか!水道は国民の命の源」


ここ日本では当たり前のように水が手に入りますが、この当たり前が通用する国は世界にはあまりないというのが現状です。土地の売買のニュースが騒がれているようですが、土地の売買は今に始まったことではないのです。外資による土地の売買の方がスケールがはるかに大きな問題であるはずのですが、どうも最近報道されている国有地売買の話にが大事なニュースであるかのように錯覚している日本人が多い事と思います。

土地の売買が問題であると感じるのであればこの水道の民営化について多くの日本人の方に注目していただきたいものです。水を売って儲けようとするならば沢山売るためには民間企業は何をしようとするでしょうか?

ヒントはグローバル化と水メジャーというキーワードが重要です。


  1. 2017/03/16(木) 22:42:07|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一億総容疑者社会

共謀罪からテロ等準備罪へと衣替えした法案があるようですが、毎度のようにまた一つ碌でもない法案を作りたくて仕方がない方たちがいらっしゃるようです。

共謀罪ヤバい〜盗聴法拡大・匿名証人・秘密保護法で誰もが犯人に〜寺澤さ有・天野統康・増山れな


この法案が事件の捏造をもって悪用されるであろう様子が目に浮かびます。

  1. 2017/03/05(日) 22:47:26|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TPPは姿を変えて

TPPは締結されない流れのようであると思っている方もいると思いますが、TPPをやりたがっている者たちはまだあきらめていないようです。やはりといいますか形を変えて押し通す狙いがある事がひしひしと伝わってきます。

共済の今日と未来を考える兵庫懇話会第10回総会記念講演内田聖子氏


早い話がTPPの続きから話が進められるという事です。TPPが本命ではなくプランAからプランBに変更されたもしくはこちらが本当の狙いであったという事かもしれません。
  1. 2017/02/18(土) 21:51:21|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ