3.11を追って

種を制する者は世界を制する

種子法廃止についての講演です。

日本のタネが危ない!山田正彦先生(元農水大臣)「種子法廃止とこれからの日本の農業について」ワールドフォーラム2017年10月


この講演からわかるように

種を制する者は世界を制する

この一言がすべてを物語っています。

安全な種、収穫量が増える種、強い種などの言葉に騙されてはいけません。逆に言えば危険な種、収穫量が減る種、弱い種も作ることができるという事を意味します。
種のシャアが独占されることによって危険なものでも食べざるを得なくなり、また言い値で買わされる事にもなるでしょう。そうなれば日本人はもとより世界中の人々が種によって管理されるとも言い変えられます。
スポンサーサイト
  1. 2017/11/13(月) 23:42:31|
  2. 食品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TPPの亡霊

ここ数ヵ月TPPが一旦消滅したかのような雰囲気があったかのように思っている方も多いでしょうが、なぜかTPPと同じことが進んでいるという事が起きています。
そして、市場の開放という名目で国内の種子が外資によって管理される危険性が高まっています。

20170410 UPLAN 「主要農作物種子法」廃止法案参議院会館前アクション!


20170410 UPLAN【院内集会】日本の種子(たね)を守る会「主要農作物種子法」廃止法案


20170410 UPLAN【政府交渉】日本の種子(たね)を守る会「主要農作物種子法」廃止法案


種を支配するという事はほぼ全ての人々が兵糧攻めにあう事を意味します。つまり、種を売る側の都合で生かすも殺すも自由自在になってしまうという事です。

水道民営化とセットで現在このような法案が出てくるというのはついに畳みかけてきたようです。この危機を知っている日本人が少なすぎるというのは非常に不味いです。
  1. 2017/04/14(金) 22:34:27|
  2. 食品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兵器としての作物


遺伝子組み換え作物などを解説している動画です。

遺伝子組換え食品講習会① 印鑰智哉氏 TPPとグローバリムを考える市民の会


遺伝子組換え食品講演会② 印鑰智哉氏 TPPとグローバリムを考える市民の会


遺伝子組換え食品講演会③ 印鑰智哉氏 TPPとグローバリムを考える市民の会、


遺伝子組換え食品講演会④ 印鑰智哉氏 TPPとグローバリムを考える市民の会


遺伝子組換え食品講習会⑤ 印鑰智哉氏 TPPとグローバリムを考える市民の会


遺伝子組換え食品講演会⑥ 印鑰智哉氏 TPPとグローバリムを考える市民の会


この動画の中で献立を決めるのは我々一般人と解説されているように食というのは無関係な人間はいないに等しいでしょう。つまり一般人ほぼすべてが意思表示をすれば計り知れない力になるという事です。一般人というのは数の上では圧倒的に多いのです。支配する側からすれば我々一般人達が団結し行動を起こすという事を最も恐れているのは言うまでもありません。
なぜなら、一般大衆を管理しようという事の裏を返せば管理できない事を最も恐れているという事だからです。

不買運動は勿論ですが、このような貴重な情報を広めるために心ある方はこの記事ではなくこの動画を拡散していただければ幸いです。

  1. 2017/03/13(月) 22:59:06|
  2. 食品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

甘く、そして苦い食べ物

チョコレートについてのドキュメンタリーです。

チョコレートの影 バレンタイン #チョコ 児童労働 人身売買 #keizai 全編


チョコレートといえば世界中で愛され続けている食べ物であるといえますが、それは一面でしかありません。この動画を見て世界には悲惨な場所があるものだと思われるでしょうが、それもまた世界で起こっている出来事の一面です。

自分はチョコレート製品は食べないからこの悲惨な出来事には関係がないと思われる方もいると思います。では、肉食という視点で考えてみてはどうでしょうか?日本人は肉が主食ではないとはいえ多くの肉を消費しています。肉を食べない食生活をする人々のことをベジタリアンと呼びますが、この日本にベジタリアンはそう多くはいないと思います。
ここで考えて頂きたいのが、日本は海外から穀物や肉を輸入しています。このような状況は日本で肉を消費するという事は他国の資源を消費するという事を意味しています。
肉が日本人の口に入るまでには大量の穀物と大量の水を消費していますので肉ができるまでに消費する穀物や水を日本国内で全部賄おうとすることは現状では無理なのです。
つまり、日本人も貧困の原因に加担しているという事です。その日本は食料の廃棄率が世界一であったと思いますが、これはいったいなんという事でしょうか。

勿論、最近では中国などの国も肉の消費が増えてきていますので日本だけで解決できる問題ではないですが、これを負の連鎖と言わずして何というのでしょうか?
このままの状態を続けていけば食べられなくなるのは我々かもしれません。



  1. 2015/06/03(水) 23:43:15|
  2. 食品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時間とともに牙をむく添加物

食品添加物について解説している動画です。ぜひ、ご覧ください。

郡司和夫の「食品添加物教室」(part 1) ー 健康ファミリー教室(15.05.15開催分)


郡司和夫の「食品添加物教室」(part 2) ー 健康ファミリー教室(15.05.15開催分)


郡司和夫の「食品添加物教室」(part 3) ー 健康ファミリー教室(15.05.15開催分)


貴重な情報ばかりですが、中でも衝撃的な事は世代を重ねていくにつれて子供ができにくくなっているという事実です。これは少子化という言葉で片づけがちですが、突き詰めていくと人口削減計画の一環であり笑えないほど効果が現れているということだと思います。
このまま進んでいくと日本人はどうなってしまうやらと嘆きたくなります。しかし、本当に嘆くべきなのはこの現象を理解している人間があまりにも少ないという事です。

食料の依存、添加物、遺伝子組み換え、種の独占とあらゆるところから日本の食料は支配されています。

  1. 2015/05/22(金) 14:49:25|
  2. 食品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ