3.11を追って

種を制する者は世界を制する

種子法廃止についての講演です。

日本のタネが危ない!山田正彦先生(元農水大臣)「種子法廃止とこれからの日本の農業について」ワールドフォーラム2017年10月


この講演からわかるように

種を制する者は世界を制する

この一言がすべてを物語っています。

安全な種、収穫量が増える種、強い種などの言葉に騙されてはいけません。逆に言えば危険な種、収穫量が減る種、弱い種も作ることができるという事を意味します。
種のシャアが独占されることによって危険なものでも食べざるを得なくなり、また言い値で買わされる事にもなるでしょう。そうなれば日本人はもとより世界中の人々が種によって管理されるとも言い変えられます。
スポンサーサイト
  1. 2017/11/13(月) 23:42:31|
  2. 食品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通貨発行権に挑める議員を生むために

今回の選挙で大西恒樹という方が神奈川8区から立候補されるようです。

フェア党

この方はお金の仕組み、つまり通貨発行権について講演もされている方です。

こどもたちの未来のために大人がすべきこと1/3


こどもたちの未来のために大人がすべきこと2/3


こどもたちの未来のために大人がすべきこと3/3


政治のタブーの一つである通貨発行権について触れている議員の方はぼぼいません。そんな中、今回神奈川8区から立候補されるというのでぜひ当選していただきたいです。

  1. 2017/10/20(金) 23:50:56|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NWOとテクノロジー

人工知能による近未来についての動画です。

5G、電子マネー、人工知能の非常に興味深い考察と考えられる危険性 マックス・イーガン


世界的に電子マネーに移行しつつある流れがありますが、これは偶然ではなく人為的に誘導されているととらえるべきです。
この流れの行き着く先は人間の全ての行動が把握される社会です。

便利さと引き換えに人間の生活が管理されてゆくというのはニューワールドオーダーにとって非常に都合の良い社会になっているという事です。しかし、この便利さを享受している人間たちが便利さよりも管理されない社会を望む行動、つまり、便利さに頼らない生活にシフトしていく事によってこの流れを阻止できる可能性が残っているのではないでしょうか?

もっと便利になるという甘い罠に嵌ってはいけません。

  1. 2017/08/31(木) 22:56:53|
  2. ケムトレイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍び寄る経済崩壊

現在生きている人々のうち一部の例外を除いて生まれてから死ぬまで一生付きまとうお金という問題があります。

お金を稼ぎそれを使うという当然であると思っている常識ですが、それは果たして永遠に続くものなのでしょうか?

※生放送 ※新番組 【Pirate TV】日本経済再興のための作戦会議 第1回「日本の財政金融の本質を理解する」講師:大西恒樹 2017年08月19日放送


お金を使用して今の経済活動を続けるというのは刻一刻と困難になりつつある今日この頃ですが、我々の未来に向けての行動次第で結果は変わってきます。
今の経済活動が続いていくと思っていると皆が痛い目にあうと感じるのは私だけではないはずなのですが、お金の呪縛から抜け出せる人間がなかなか出てこないのはお金に魔力が宿っているかのようです。


  1. 2017/08/20(日) 22:53:34|
  2. 日本の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベーシックインカム実現への道 その2

ベーシックインカムについての動画です。

ベーシックインカムin日本 山崎康彦✖増山れな


ベーシックインカムというのは物凄く現実離れした事だと思われがちではないかと思います。というより、そもそもベーシックインカムを実現した国は今のところはありません。
海外でベーシックインカムが徐々に注目されつつある流れはあるようです。このことに対して日本の方々が真剣に考えるか考えないかどうかで将来的にベーシックインカムが実現できるかどうかという問題に直結してきます。
海外での成功例が出現してから真似をするのではく、ここ日本で最初にベーシックインカムを実現するつもりで一般人が行動に移すぐらいがちょうどよいのではないかと思います。

日本の自殺者数、非正規雇用、生活保護、引きこもり、奨学金の返済に苦しんでいる若者など実現すべき同機は山ほどあるのですから。

  1. 2017/05/24(水) 00:07:23|
  2. 世界の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ